女性の転職を成功させるための一大関門は、何と言っても面接です。
面接を成功させる事は「転職の成功」をも意味しますのでしっかり下準備をしましょう。
このページでは面接で大切なポイントをまとめていますので参考にしてください。

  質問内容を想定してあらかじめ練習する



面接では面接官から質問される内容はある程度決まっています。
比較的多い質問は下記など。

「自己紹介をお願いします」
「なぜ当社を志望したのですか?」
「前職の退職理由は何ですか?」
「当社でしてみたい事は何ですか?」
「自己PRをお願いします」

これら質問を受けたと想定して、その返事をする練習を事前に行いましょう。
返事の内容を考えるだけではなく、部屋に入る時のノックの仕方、お辞儀の仕方、椅子への座り方、退出の仕方など一連のマナーをシュミレートしておくと本番で落ち着いて臨めます。

一人で練習するのも良いのですが、出来れば家族や友人に面接官になってもらって事前練習すると良いです。
面接であがってしまう方は特に事前練習が大切になります。

  身だしなみや言葉遣いも重要



面接は第一印象がとても大事です。
ボサボサの髪、伸ばしっぱなしの爪、メイクもせずTシャツやGパンで面接会場にやってくる人物を、果たして積極的に採用したくなるでしょうか?
身だしなみや言葉遣いにはその人物のもつ常識やマナーなどが色濃く反映されています。
面接は公式な場に赴く事になるので、それにふさわしい服装をするべきです。

女性の場合は女性らしさを感じらせるスカートスーツが無難ですが、パンツスーツでも大きなマイナスにはなりません。
営業職を希望する女性はパンツスーツの方が行動的なイメージを植え付ける事が出来るので有利かもしれませんね。

メイクはあまり派手にならないように注意し、清潔感を出すのが基本です。
マニキュアは薄めの色なら問題ありませんが、ナイトワークの面接ではないので派手な色は避けた方が良さそうです。
食品加工や調理など食品を扱う業種でマニキュアやネイルアートは厳禁です。

  面接会場に到着する時刻は?



面接会場に入る前、受付から気を抜かない事も大切です。
面接会場に到着した時点から言葉遣いやマナーがチェックされていますので、受付の方や社員の方にもきちんとした挨拶が出来るように心がけましょう。
時間ギリギリに面接会場に滑り込むと心の余裕がなくなりますので、出来れば面接試験開始15分前には会場で待機しておきたいものです。

面接会場への到着時間も志望者の常識やマナーが反映される部分です。
いくら遅刻を嫌ったとしても開始30分、1時間も前に会場に居座るのは困ります。
近くのお店などで時間を見計らい、15分程度前になったら会場に移動しましょう。