転職に欠かせないものに履歴書があります。
ほとんどの会社でも面接時、または面接前に提出しなければなりません。
この履歴書と共に「職務経歴書を提出してください」と指示される場合があります。
あまり馴染みのない書類ですが、一体どんなものなのでしょうか?
そして履歴書と職務経歴書の違いはどこにあるのでしょうか?

  女性の転職に欠かせない履歴書の役割とは?



転職に欠かせない書類と言えば履歴書と連想される方も多いのではないでしょうか?
面接の前、または面接時に提出する大事な履歴書ですが、採用された後は会社の総務部や人事部でずっと保管される事になりますし、選考時の大事な資料になりますので丁寧に作成しましょう。

履歴書は一言で言って自己PRのための書類です。
氏名や住所・生年月日・職歴・保有資格・志望動機・趣味特技などの記入欄があり、様式なども殆ど決まっています。
履歴書は枚数も1枚だけなのでダラダラと細かく文章を書くわけにはいきません。
分かりやすく要点をまとめて簡潔に書き込む事が重要です。

履歴書はPCでも手書きでもどちらでも構いません。
人によっては「PCの操作スキルをアピールするために」意図的にPCで作成した履歴書を提出する例もあります。
PCで作成した履歴書であっても不利になるような事はありませんので、作成しやすい方を選べばOKです。

  職務経歴書は仕事の実績やスキルをまとめるもの



職務経歴書は採用に当たって最も重視されます。
履歴書は自己PRやプロフィールがメインですが、こちらは応募者のスキルや実績、やる気を採用側に十分にアピールするものという違いがあります。
履歴書のように形式どおり、簡潔に書いていれば良いと言うものでもありません。

職務経歴書は決まった様式はありませんので、ネットや書籍で公開されているフォームを参考にして自作します。
またそのまま使えるフォームがネット上で公開されているのでそれを丸々使っても構いません。
作成する文字分量が多いのでPCを使って作成する方が効率的です。

作成する上での注意点はPRしたい部分を最初に「経歴要約」などで簡単にまとめておく事。
最初にそれまでの実績や成果をまとめ、それから「職務内容」「アピールポイント」「志望動機」などを細かく書き込んでいきます。
職務経歴の部分は実績を時系列にまとめる方法と、プロジェクトごとにまとめる方法とがあります。
分かりにくい場合は時系列にまとめていく方が良いでしょう。

  書類を送付する場合



書類を郵送する場合必要書類だけを入れて送るのではなく、送付状を添付して同封している書類を明記します。
企業に書類を送る場合は添え状を入れるのがマナーです。