女性が転職を思い立つタイミングには様々なものがあります。
まず結婚や離婚などをきっかけにして住環境が変わったり、親の介護や子育てのために時間的ゆとりのある職場へ転職する事例もあります。
また高給与や手厚い福利厚生を求めて、また以前から憧れていた業界に転職したいためなど転職に踏み切る理由は転職したい女性の数だけあるものです。

ただ「転職したい!」熱意だけで事前準備がないと空回りに終わる可能性もあるんです。
このページでは女性の転職を成功させるための事前準備についてまとめています。

  転職を思い立ったらまず計画



「転職したい」と思ったら、1日でも早く新しい職場を探したい、転職したいと思うものです。
職場を辞めたいと思うには「こんな安月給じゃやってられない、辞めたい」「もっと人間関係の良い職場に移りたい」など現職に対する不満や不安で苦しいはず。

その苦しさから即転職したい、早く辞めたいと仕事を辞める事に心が向かってしまいますが、それはちょっと待ってください。
次の職を決めないまま何の考えもなく突然会社を辞めてしまうと、収入が途絶え生活が不安定になってしまうかもしれません。
嫌な職場から解放されたという清々しさはあっても経済的に不安定になっては困ります。

そこで転職を思い立ったらまず計画表を作る事が大切。
最初に転職したい日をゴールに設定し、そこから逆算して行動を開始します。
例えば今が1月下旬であれば3月下旬には新しい職場で仕事を始めるとゴールを設定します。

転職には、上司に退職の連絡をする事や引き継ぎ、退職の手続きなどで最低でも1~2ヶ月の期間が必要です。
仕事によっては3ヶ月程かかるケースもあります。
そこで退職まで必要な期間を1~2ヶ月と設定し、そこから新しい仕事を始める時期を設計するのです。
事前に準備しておきたいこともあるので、転職に必要な期間は必ず確保しておきましょう。

「もうこんな仕事イヤ!辞めてやる!」と突然職場を去るのではなく、計画的に退職する方が周囲の方々に迷惑をかけずにすみます。
同僚や上司に恨まれないよう、円満退職を目指しましょう。

  将来設計を考える



転職は女性の人生の転機でもあります。
どの業種で働きたいか、ずっと磨いてきたスキルをさらに伸ばせる職場を目指すか、それとも全く新しい職場でゼロからスタートするか、良く考えておくと良いです。

新しい業種でゼロからのスタートになると給与レベルが一時的に下がってしまうリスクもありますが、ずっと憧れていた業界で働ける夢や希望を優先させたいならそれでも良いのです。
転職をきっかけに、自分自身の将来設計を考えておくと良いですね。

  転職のタイミングを見計らう



転職するタイミングには様々ありますが、月末や年末など節目を目途に退職するケースが多くなっています。
月の途中で辞めるとどうしても中途半端になりやすいので、月末まで待って退職する方が多いです。
私は年末を一つの節目として退職しました。

職場が決算や棚卸しなどバタバタした時期に退職するのも避けたいところです。
それまでお世話になった職場ですので、できるだけ穏便に退職出来るように配慮したいですね。

 

転職先を在職中に探す?退職後に探す?

女性の転職先を成功させる鍵の一つに、転職先を在職中に探す事があります。
仕事をしている間に転職先を探すのはなかなか大変ですが、仕事の切れ目が生じると収入が途切れてしまうため出来るだけ在職中に転職先を探しておきたいものです。

このページではいつのタイミングで転職先を探せば良いか、在職中が良いか退職後が良いかについてまとめています。

  在職中に転職先を探すメリット・デメリット



在職中から次の職場を探しておき退職後に時間をおかず新しい職場で働くのは、収入が途切れないという大きなメリットがあります。
転職先が見つからない状態で仕事を辞めてしまうと「次の仕事はどうしたらいいんだろう?」と不安になるものです。
失業保険や人によっては退職金などでしばらく生活は出来ますが、先の見通しが立たない状況では精神的に不安定になる可能性も。

けれど退職後にすぐに勤務できる職場を確保しておけば、先の見通しも立ちますし精神的に不安定にならずにすみます。
在職中に転職先を探しておくメリットは、精神的に安定した状態で仕事が出来る事にも繋がりますね。

ではデメリットは何でしょうか?
やはり在職中に転職活動をしなければなりませんので多忙になるのが困ります。
1~3ヶ月前後の短い間に情報を収集して転職先を見つけておかなければならないため、「急いで決めなければ」と焦ってブラック企業に転職してしまうリスクもゼロではありません。

転職先を決める時はブラック企業を避けなければなりません。
勢いやノリだけで転職先を決めてしまうと後悔の元です。

  退職後に探すメリット・デメリット



転職先を退職後に探す方の場合、どのような事がメリット・デメリットになるのでしょうか?
まず退職後は仕事に行く必要がないため転職先を探すための時間がたっぷり確保出来るのが大きなメリットです。

転職先の企業情報をネットでじっくりチェックしたり職場見学をする事も可能です。
情報収集の時間に余裕ができるため、腰を据えて納得できる転職先を探せるのは大きな魅力です。
ブラック求人に当たる可能性も低くなるかもしれません。

デメリットは収入が途切れる期間が発生するため、生活が苦しくなる可能性が高くなる事。
転職先を1~3ヶ月程度の期間で探し出せればいいのですが、それ以上の期間がかかると将来の見通しが立たず精神的に不安定になる可能性があります。

退職前から生活費を準備しておき、退職後は退職金や失業保険などで半年程度は無収入でも生活出来るように計画しておきましょう。
退職後の転職先を探すデメリットは、やはり収入が断たれてしまう事にあります。